My archaeology/私の考古学

Project memo/プロジェクトメモ

I had an opportunity to learn about Japanese Buddhism from my local region as well as Tibetan Esoteric Buddhism. Simply, I was influenced by the interpretation of "time" and "end". And it reminded me of what my grandmother told me once when I was very small, "Kazushi, when we are born, we are given a certain amount of time from the God. Some get long and some get not so long……and when time is over, we have to go. People pass away naturally……they do not die because of car accident or illness. They finished their time that why they go. We are sad because we cannot talk to them. But it does not mean that they disappeared. They are always around." I replied, "How long time do you think I have? And where do I go next?" The buried objects will be there until they are found. Actually, they might not be found at all. To be honest, I am feeling sometimes that they might really exist in the period the “next” that I was wondering when I was small.

 

You can make anything in art these days. There are huge sculptures, installations with high-tech digitalized systems and environmental art with using buildings. Creativeness seems to be endless. I have also made such work and may make it again in the future.  In this project, many basic elements as art is missing comparing to my previous artwork.  A part of art objects is buried and we can not see it anymore. In a way, those art objects are “undone”.  One’s episodic memory is taking an important role in this project. But it is someone’s memory. Is it possible to call one’s “episodic memory” itself as artwork even though I planned….. ?  These are not tangible and sensational but the project is very suggestive and it makes me to think about many things.

 

We do not know what is going to happen to the project and what kind of art exist in the future. However, I think whether I exist or not, art exist or not, my archaeology project exists in nature and one’s memory and progressing in the future.

チベット密教や日本の仏教の事を知る機会があり、『時間』、『終わり』の解釈について影響を受けた。そして、それは私が幼少の頃に祖母か誰かと家で話した事を思い出させた。「一志、人はみんな生まれる時に人生という時間を神様から与えられるの。ある人は長いしある人はそんなに長くない。それでその時間が終わったら行かないとだめなの。人間は自然に死んでいくもの。事故とか病気で死ぬんじゃなくて、人それぞれの時間が終わったから行くだけなの。お話ができないから悲しい。だけどあの人達が消えてしまったわけじゃないの。いつも周りにいるのね。」私は多分「僕の時間はどれくらい長いの?次は何処へ行くの?」と聞いたように覚えている。埋もれたオブジェは、見つかるまでそこにある。実際にはまったく見つからないかもしれない。正直なところ、小さい時に私が疑問に思っていた「次」の時間に本当に存在するかもしれないと時々感じている。

 

現在のアートでは何でも作れる。巨大な彫刻やデジタルを駆使したインスタレーション、建物を使った環境アートなどはいい例だ。私もそうした作品も制作してきたし、これからも作るかもしれない。このプロジェクトでは、アートとしての多くの基本的な要素が私の以前のそれと比較して欠けている。オブジェの一部が埋もれて、私たちはもうそれを見ることができない。ある意味「未完成」だ。人のエピソード記憶はこのプロジェクトで重要な役割を果たしている。しかしそれは誰かの記憶だ。私が計画したにもかかわらず、人の「エピソード記憶」自体をアートワークと呼ぶのは可能なのだろか?これらは有形で知覚的ではないが、このプロジェクトは非常に示唆的で私は多くのことを考えされられる。このプロジェクトに何が起こるか、そして将来どのような芸術が存在するかは分からない。しかし私が存在するかどうか、芸術が存在するかどうかにかかわらず、「私の考古学」プロジェクトは自然と人の記憶の中に存在し、未来でも進歩し続けていると思う。

1/4

1/3

1/3

1/3

1/3

1/3

1/3

1/3