My archaeology/私の考古学

Hp2020final kk_1000964.jpg

Kazushi Nakada interview /中田一志インタビュー

This is a ritual art project. In early 2014, it already had a draft and the first work was completed in 2016. And it has been extended in 16 countries and 19 different locations. I meet people and make artwork that is based on their personal stories. Videos, photography, and art objects are produced as documentation of the art process and one of the art objects is buried in nature in the end.

The buried object has my message on it "What is an art like in your period?". The person who offered his or her story get “episodic memory” of this project and later they become anonymous.  The existing artwork and materials (videos& photos) are supposed to be shown in exhibitions. These three will simultaneously advance their respective time axes toward the future and they might be reunited in the future.

 

What will the people in the future guess if these objects are excavated 1000 years later? And if they understand that this is an artwork (art project) intentionally deploying archaeology to send personal thoughts and messages to the future, how would art historians and curators evaluate this project?

The current event happens in the time of the present age, and it will be completed within the same time. Most of things and events are impossible to extend their existence. However, by using the metrology of reserving, burying an object and human episodic memory, the project can be progressing on the time axis of 100 years and even 1000 years.  And I might be even able to transmit my art and thoughts to the distant future. It is like a "Burial dictionary” in Tibetan Buddhism.

 

To me, art is to express social, philosophical or political questions. What I am urged to explore is not about artistic matters but the whole entity of a human being and ongoing events around the world. Art does not help people physically or change the world systematically. But I believe that art has the power to make people think, realize or react. This project may enable me to think about our life and society from a different perspective and a timescale. And it may encourage us to reframe our values and reconsider the notion of human culture.

 

これは儀式的アートプロジェクトです。2014年初頭には、このプロジェクトの素案があり、最初の作品は2016年に完成しました。そして、16ヵ国と19の異なる場所で行われました。

 

私は人々に会い、彼らの個人的な物語に基づいてアートワークを制作します。ビデオ、写真、アートオブジェクトをアートプロセスの記録として制作し、最後にアートオブジェの1つが自然の中に埋蔵されます。埋められたオブジェには「あなたの時代の芸術はどんな感じですか」という私のメッセージがあります。物語を提供した人は、このプロジェクトの「エピソードの記憶」を得て後に匿名人物になります。現存するアートワークや素材(ビデオ&写真)は展覧会等で見せることになります。これら3つは同時に将来に向けてそれぞれの時間軸を進み、そして将来再会する可能性があるかもしれません。

 

これらのオブジェが1000年後に発掘された場合、将来の人々は何を推測するのでしょうか? そして、これが意図的に考古学を導入して個人的な考えやメッセージを未来に送るアートワーク(アートプロジェクト)であることを理解したとすると、美術史家やキュレーターはこのプロジェクトをどのように評価するのでしょうか?

 

今の出来事は現代という時間の中で起こり、そして同じ時間の中で完結し終わります。ほとんどの物、出来事はその存在を延長する事は不可能です。しかし保存の方法論、オブジェの埋蔵、人間の記憶を使う事によって、このプロジェクトは100年、1000年という時間軸で進んで行く事が出来ます。そして私のアートや考えを遠い未来へ送信できるかもしれないのです。チベット密教の「埋葬経典」のようなものです。

 

私にとって芸術は、社会的、哲学的、政治的な質問を表現することです。私が探求するように促されているのは、芸術的な問題ではなく、世界中の人間と現在の出来事の全体の実体です。芸術は人々を物理的に助けたり体系的に世界を変えたりするものではありません。しかし、芸術は人々を考させ、実現し、反応させる力を持っていると信じています。このプロジェクトは、私たちの生活や社会を、異なる視点とタイムスケールで考えることを可能にするかもしれません。そして、それは私たちの価値を再構築し、人間文化の概念を再考することを奨励するかもしれません。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/3